忍者ブログ

日産のクルマ

日産のクルマ,ディーラー情報,ニュースをお伝えします。

2017.06│ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

200万円の賞金授与 「第1回カルロス・ゴーン賞」を発表

◆日産、「第1回カルロス・ゴーン賞」を発表。3件の共同研究が受賞

日産は、大学やサプライヤーの研究者・開発者との連携し、時代に即した技術開発に200以上の大学と共に取り組んでおり、日産との共同研究で顕著な価値を創出した研究を表彰する制度。200万円の賞金が授与される。

「日産が日々取組んでいる共同研究は、日産の技術開発に新たな側面を与えてくれる。今回の受賞者の方々は、その多様な経験と研究を経て、日産の顧客に新たな商品と技術を提供してくれた」とゴーンCEO。

第1回目の本年は、以下の3団体の共同研究が表彰された。

日本工業大学工学部システム工学科の三宅正二郎教授の「自動車部品用DLC(Diamond Like Carbon)低フリクション膜の研究」。水素フリーDLCコーティングは、2006年度に発売されたスカイライン、インフィニティG35より採用したVQ35HR、VQ25HRエンジンのバルブリフターに採用され、カムとバルブリフターの間のフリクションを約40%低減させている。

米国マサチューセッツ・インストゥチュート・オブ・テクノロジーのアレックス・ペントランド教授の「ディスタンスコントロールアシスト及びロボティックエージェントの基盤となる革新的なHuman-Vehicleインタフェースコンセプトに関する研究」。Human Dynamics研究からの洞察と日産のアイデアを基に、ディスタンスコントロールアシストやアラウンドビューモニター、2007年東京モーターショーに出展されたPIVO2搭載のロボティックエージェントに代表される革新的な技術を創出。

東京工業大学大学院理工学研究科の広瀬茂男教授の「車両自動組立のための生物規範型人協働ロボットの開発」。「部品の自動ピッキングを行う汎用ハンド」、「車体等を搬送する全方向移動台車」、「重量物の組付けを支援する軽量高性能アーム」という形で実用化され、日産の各生産工場へ順次導入されてきている。
http://www.nissan-global.com/JP/NEWS/
2008/_STORY/080902-01-j.html




[Car Life 便利リンク]------------------------------------------------------
18万台の中古車物件を掲載『カーセンサーnet』


事故車も売れる。査定価格を比較してから、売却検討!


レカロシートをプレミアムレカロシートへカスタマイズ

------------------------------------------------------[Car Life 便利リンク]
世界の車 世界のクルマとニュース

トヨタ トヨタ自動車のクルマとニュース

ニッサン 日産自動車のクルマとニュース

ホンダ 本田技研工業のクルマとニュース

ズームズーム マツダのクルマとニュース

スバル 富士重工業のクルマとニュース

ミツビシ 三菱自動車のクルマとニュース

ダイハツ ダイハツ工業のクルマとニュース

スズキ スズキのクルマとニュース
PR
*COMMENT-コメント-
*COMMENT FORM-コメント投稿-
  • この記事へのコメント投稿フォームです。
 
Name:
Title:
Mail:
Url:
Color:
Decoration: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Message:
Pass: ※編集時に必要です。
Secret:  ※チェックすると管理者へのみの表示となります。
■フリーエリア


■プロフィール
HN:
河野 きよ以
性別:
非公開
■ブログ内検索
無料・カウンター
Today:

Yesterday:


無料 出会いデリヘル 東京裏dvd 販売人妻ローター
■アクセス解析